アイフルの由来

京都市下京区に本社を置いている、消費者金融事業者であり主事業を消費者金融事業とし、またその他には不動産担保金融事業や事業者金融事業等も手掛けているアイフル。
1967年に創業者であり現社長である福田吉孝氏が個人経営で消費者金融業を創業したことがその始まりである。
その後1982年に現在のアイフル株式会社に商号を変更している。
なお、「アイフル(AIFUL)」の由来は「愛情という意味のAffection」「努力という意味のImprovement」「誠実という意味のFaithfulness」「結束という意味のUnity」「活気という意味のLiveliness」のそれぞれの単語の頭文字をとったもので、社内公募で決定したという。
「『愛情』と『努力』をもって『誠実』に仕事に臨み、『結束』と『活気』に満ちた会社」を意味しているとのこと。