住宅ローンはフラット35がおすすめ?

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、審査が少し変わっています。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
また、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
新生銀行の住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
新生銀行の住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど新生銀行の住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】